家族の一員の愛犬もずっと健康で長生きして欲しいですよね。
『病気は早期発見、早期治療が大切』とはわかっていても、人間と違って、頻繁に病院へ連れて行って健康診断ってもの現実的に大変だったりします そんな方に朗報です。

犬のクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)

腎臓の上部にある副腎という組織から分泌される副腎皮質(ステロイド)ホルモンの分泌過剰が原因です。 分泌をコントロールしている脳下垂体に腫瘍ができることも原因と考えられます。 副腎皮質(ステロイド)ホルモン薬の使用が原因になることもあります。

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0