家族の一員の愛犬もずっと健康で長生きして欲しいですよね。
『病気は早期発見、早期治療が大切』とはわかっていても、人間と違って、頻繁に病院へ連れて行って健康診断ってもの現実的に大変だったりします そんな方に朗報です。

泌尿器・生殖器の病気

子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)

子宮内部に膿がたまる病気です。原因は大腸菌、レンサ球菌、ブドウ球菌などの細菌感染です。メス犬の子宮頸管は発情期には開いているため、細菌が侵入しやすくなっています。

前立腺炎(ぜんりつせんえん)

膀胱の出口あたりにある前立腺が、大きく肥大してくる病気です。高齢犬に多く、加齢により精巣の働きが低下して、精巣ホルモンが正常に分泌されなくなることが関連しているといわれています。

尿道炎(にょうどうえん)

膀胱炎(ぼうこうえん)と同様に細菌感染によるものが多いですが、腫瘍(しゅよう)の発生や尿道結石、外傷などの物理的な刺激も原因となります。

尿路結石(にょうろけっせき)

腎臓から尿管、膀胱(ぼうこう)、尿道にかけて尿路に結石ができる病気です。 結石とは、尿路内に形成された多量の結晶が固まったものです。結石が停滞する場所により、腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石と呼ばれます。

膀胱炎(ぼうこうえん)

犬では尿道から進入した細菌感染により炎症をおこします。膀胱の中がただれたり、あるいは膀胱壁が厚くなって弾力がなくなります。細菌感染以外にも尿中の結晶や結石が原因で起こることもあります。

腎炎(急性腎炎・慢性腎炎)

腎臓にあるネフロン(血液をろ過する組織)が壊れ正常に働かなくなるのが腎炎です。 急性腎炎は、ウイルスや細菌に感染した時や子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)などの他の病気が原因の場合もあります。 慢性腎炎は急性腎炎から移行する場合が多いですが、加齢にともない進行する場合もあります。

腎不全(急性腎不全・慢性腎不全)

腎臓の機能が低下し、急に尿を作れなくなったために老廃物が排出できなくなり、全身の病気となるものが急性腎不全です。原因としては心臓の病気などで腎臓に血液が行かなくなる、感染や中毒で腎臓自体に炎症が起こる、腎臓以降の尿路が詰まり尿を体外に出せなくなった場合などがあります。 慢性腎不全は各種の腎炎が進行することで少しずつ腎機能が低下していきます。急性腎不全がそのまま長期化して、慢性腎不全につながることも多いです。


Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0